岩元 おせち

岩元 おせち

季節素材の味を最大限に生かした、
芸術的な本格京料理を気軽に味わえる
京都祇園 を代表する料亭が
「岩元」ですね。

 

その「祇園 岩元」のおせちが通販で予約可能です。

 

 

 

 

上記は「祇園 岩元」の標準的な(3〜4人前)で大人数のご家族向けのおせちも用意されてます。
岩元のおせちを最安値で予約購入したい方は【こちら】

 

京都祇園 料亭 「岩元」 監修 おせち 匠

 

 

◎全45品
 一の重には絶妙な塩加減のロブスター
 二の重に素材の味を活かして炊き上げた海老艶煮
 三の重にはふっくら柔らかく存在感の際立つあわび

 

盛り付けの華やか
実に、京都祇園の人気料亭らしい味付けで
岩元のおせちは、毎年1番人気になっているようです。
※人気通販サイトの匠本舗では。

 

 

 

 

上記は、「祇園 岩元」監修の7人前〜8人前のかなりの量感があります。

 

岩元のおせちの予約購入したい方は【こちら】

 

京都祇園料亭「岩元」監修おせち六段重 極

 

 

◎中国産主原料・人工保存料・合成着色料は一切不使用。

 

 

で、冷蔵の状態(いわゆる生おせち)で
12月30日に到着となりますので
安心してお正月に迎えられると言えますね。

 

 

岩元のおせちは、上記の通販でも
毎年超人気NO1で完売致します。

 

 

今時期、早期購入であれば
最安値で購入可能です。

 

 

岩元のおせちは、2種類用意されております。
早期割引は12月15日までになっており

 

@7「祇園 岩元」7人前〜8人前のご家族向け

 

11000円割引となっております。

 

A「祇園 岩元」標準的な(3〜4人前)のご家族向け

 

3000円割引(23.94%OFF)となっております。

 

ので、早期割引のある
12月15日まで
がお得となっているようです。

 

 

 

 

早期割引についてですが・・・。
9月30日までが第1弾=一番割引率が大きいのでお得です♪
⇒終了

 

以降・・・・。

 

・10月31日までが早期割引の第2弾
⇒終了

 

・11月30日までが早期割引の第3弾
⇒終了

 

・12月15日までが早期割引の第4弾(最終になってます)
※現在
となっていきます。

 

 

「祇園 岩元」の口コミ・評判につきましては
下記のページをご参考ください。

 

岩元 おせち 口コミ

 

 

これは例年のことですが。。。
12月に入ると、完売が非常に増えてきます。。。

 

まだ、「祇園 岩元」のおせちは予約が可能ですが。。。

 

万が一、完売で買いそびれてしまった。。。
そういった方は、【こちら】の通販をチェックしておくと良いかもしれません。

 

 

 

1934年開業の北海道を代表するホテルのひとつで
総料理長と各調理長が監修した和洋中おせちや、
洋風オードブルなどホテルならではのおせちをお楽しみいただける
@【札幌グランドホテル】、
「三陸海宝漬」でおなじみの釜石の名店で海宝漬やうに、
蟹など贅沢な海の幸をふんだんに使った海鮮おせちの
A【三陸中村家】、

 

東京赤坂の地で創業百有余年、
濃厚な味わいの栗きんとんにもこだわった
B【赤坂三河家】。

 

人気の上記3店舗に加え、
文久3年(1863年)創業の老舗
C【大阪料亭山徳】、
D渚の景色と海鮮料理が自慢の【奥城崎シーサイドホテル】、
E横浜みなとみらいの本格フレンチ【グランシェール葉山庵】など

 

など定評があるおせちが揃っているようです。

 

「祇園 岩元」についてですが・・・。

 

【京阪本線 祇園四条駅から徒歩5分】
という所在地になっております。

 

季節の料理を堪能できると評判であり

 

料理の一例としましては
・四季を感じる食材と京野菜を使った懐石料理や
 近江姫和牛などとなっているようです。

 

季節料理のコースは 11,880円(税込)など。

 

いわゆる
京都祇園を代表する高級料亭の1つと言えるでしょう。

 

京都でも人気のエリア 祇園で、
旬の食材や京野菜をふんだんに使い、
味はもちろん、目でも楽しめると定評や口コミをみかけるほどです。

 

 

特別な日に、
特別な人と…寛ぎながら京料理に舌鼓を打つ方も多いようですね。

 

岩元と言えば
京都料理なワケですが・・・。

 

旬の食材や京野菜を使った本格懐石料理。

 

味はもちろんのこと、目でも愉しめる逸品
を提供してくれる事で有名です。

 

 

京都の祇園に旅行に行かれた際には
予約してでも食べたい人気料亭が?
と言えるのではないでしょうか?

 

 

その京都の祇園を代表する料亭
の「おせち」の新年早々に食べられること・・・。

 

これは、良い1年を迎えられるのではないか?

 

と思われます。